社員の意識

業務の質を上げるために必要なES調査

ES調査を行なうメリット

メンズ

ワークモチベーションの向上

社員の働く意欲や、業務に対しての関心を知ることは経営者にとって重要な役目です。このようなワークモチベーションをどのようにして向上させるのかをES調査を用いて挑戦していく必要があります。

社員の意識レベル

一人の社員が頑張っても企業全体の功績には繋がらないこともあります。しかし、社員全体の意識レベルが向上すれば意欲の底上げにも繋がりますし、相乗効果で更なる高い目標を立て、それを実現させる力を持つことも可能になります。

企業との結びつき

ESが高ければ、それだけ社員と企業の結びつきが強いと言えます。そのため企業で問題が発生しても、その問題に対して社員一丸となって対処することも出来るでしょう。仕事だから仕方なく、から好きだから仕事をするに変えていきましょう。

ES調査に関する質問コーナー

ES調査のアンケート内容とは?

ES調査のアンケート内容には基本的に人事や給与に関する設問や人間関係などが記載されています。場合によっては経営方針などの深いアンケートに答えてもらうこともあります。

マニュアル化されたES調査はありますか?

はい、あります。一例としてはアンケートに100の質問を用意しておき、調査の仕方や回答結果の解説などがマニュアル化されているものが存在しています。自社で調査を行なう場合にはこうしたマニュアルが便利と言われていますね。

ES調査を行なったことがないのですが

ES調査を行なったことがない企業でも安心して調査を行なうことが出来ます。ES調査のアンケートは難しい質問ではないので、初めて行なう従業員にでも充分に答える事が出来るでしょう。

回答結果を見るのが怖いです

経営者からすると自分が行なってきた取り組みに対しての評価とも言えるので、確かに回答結果を確認するには勇気がいるでしょう。しかし一度の結果で全てが決まる訳ではないので、改善点があればそれを改善して高いESを得ましょう。

小さな企業でもES調査は必要でしょうか?

従業員がいる企業であれば大なり小なり、しっかりと確認しておくほうがいいですね。ES調査は社員と企業の繋がりを表す調査になるので、なるべくは行ないましょう。その方が企業と社員の両方に得がありますよ。

従業員が喜ぶ企業の取り組み方ランキング

no.1

勤務時間・残業

定時に業務が終了する企業はES調査の結果も良好とされています。また、残業が少ない企業も同様です。このように業務時間が固定されていて負担になりにくい環境は働く従業員も満足します。勤務時間と残業に関しての改善を要求する従業員はほとんどの企業にいるとされています。

no.2

福利厚生の有無

健康保険や社会保険に加入していればいざという時に助かります。そのため企業で働く場合に福利厚生の有無は従業員にとっても重要になってくるのです。福利厚生がきちんとしている企業もESが高いとされています。また福利厚生がしっかりしている企業には人材も集まりやすくなるといった特徴がありますね。

no.3

やりがいを感じられるか

責任のある仕事を任せられているのかも従業員満足に関係しています。仕事にやりがいを感じることによって、「やらされている」という義務感から「やっている」の充実感に変わり満足に繫がるのです。ワークモチベーションの向上はこのような考えから生まれていくのです。

no.4

働きに見合った報酬

頑張った分の報酬をもらうことで業務に対しての達成感を感じることが出来ます。また社員の間でも頑張れば認められるという認識が生まれるので、相乗効果が出てくるのです。これにより社員全体の意識が改善されて企業の功績に繋がっていきます。またES調査の結果にも給与に関する回答が多いです。

no.5

重要視されているか

企業側から見て自分は必要とされているのか、という心配をしている従業員も多いとされています。代わりの利く存在と企業が認めてしまえば働くモチベーションも下がるので、必要な人材だというアピールをする必要があります。しかし、贔屓目で見てしまうとアンケートの結果に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるので、程よくアピールをしましょう。

広告募集中